LCC (ジェットスター、エアアジアなど)に乗る時の荷物について

LCC 荷物

もう皆さん知ってると思うのですが、
チケット購入時にうっかり忘れないように念のため挙げておきます・・・

まず、LCCの場合は特に、手荷物については各航空会社の公式HPなどで、事前にルールを確認しておいた方がいいです。

ANAやJALと、ジェットスターやエアアジアのようなLCCのルールは、大きく違うからです。

今回、何度もお世話になるであろうLCCは、 受託手荷物(機内持ち込まず預ける荷物)はチケット代に含まれてないので、別途オプションで申し込む必要があります。

LCCでは、受託手荷物代金を、当日カウンターで荷物の重さを測ってもらった時に支払おうとすると、驚くほど高額になります(笑)
(私は数年前のLCC出始めの頃は、受託手荷物で当日何度か高額支払いました 笑)
それだとLCCの意味がないです(笑)
チケット購入時に予約しておくと一番安く購入できるので、チケット購入時に一緒に受託手荷物もオプションで追加しておくといいです。

ちなみに私とかっちゃんは、2人分の荷物を以下の2つのスーツケースにまとめてます。

・157cmのスーツケース(受託手荷物最大サイズ)
・115cmのスーツケース(機内持込最大サイズ。PCはこちらに)

157cmに2人分積めると、いつも23kgくらいになります。
なので、LCCの場合は20kg(または25kg)の受託手荷物を予約してます。
(ANAとかの場合は20kg超えてても大丈夫なので、持込をもっと軽くして受託を重くしています)

大抵の場合、1〜2kgオーバーは大目に見てくれる場合もありますが、3kg超えると見逃してくれません(笑)

家で体重計で量っておいた方がいいです。

ちなみに機内持込ですが、 多くの航空会社が(ステイタスがない場合)1人7kgまでOKなので、機内持込荷物で調整すればOKです。
が、思いのほか7kgはすぐに到達しちゃいます(笑)
カウンターで量るように言われることは少ないのですが、当日うっかり追加で受託増やさないといけない場合は高上がりなので、 こちらも、家で体重計で量っておいた方がいいです。

機内持込の個数は大抵2個までだと思うので、2個で7kg以下の状態にしておけば大丈夫です。
(大きな荷物2個は多分ダメです。カバンとキャリーとかなら大丈夫)

「~愛もお金も自由も手に入れる!~愛されてお金持ちになる秘訣」配信中♪

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

勝山 友紀子のアバター

福島県出身。 テレアポ、訪問販売など営業経験のほか、クラブのホステス。 ネットワークビジネス、セミナーやワークショップ、コンサルタントをし、現在に至る。 10代の頃から、「愛されたい!」「お金持ちになりたい!」と思い、パートナーシップとお金について勉強する。 「愛されてお金持ちになる秘訣」を15年間実践してきたら、自由気ままに夫婦で旅する生活に♪ ホテルやラウンジが好き。お酒も好き。 --- ・魔法の質問 認定講師 ・原田メソッド 認定パートナー ・ウェルスダイナミクス プラクティショナー ---